カジノ法案可決とパチンコ業界

他のカジノ国にはない日本のギャンブル産業

他のカジノ国にはない日本のギャンブル産業!

 

 

 

 

 

 

  日本にカジノが出来ると、マカオやシンガポール、ラスベガスのように、
  豊な国になるのでしょうか?

 

 

  たしかに、カジノ収入が国にもたらす影響は計り知れないと思います。
  ただそれと同時に、もしかしたら、それ以上に考えようによっては、
  マイナスな影響も国にある事も事実だと思います。

 

 

  日本と他のカジノ国との大きな違いは、
  国内の合法ギャンブルの豊富さだと思います。

 

 

  日本には現在カジノがなくても、
  毎日ギャンブル(賭博)が出来る方法がたくさんあります。

 

 

  ※ パチンコ/パチスロは、ギャンブルではなく、”遊戯” です
    ....詳しくは、カジノスロット〜3店方式 をご覧ください

 

 

  週末には競馬や競輪、競艇さらには宝くじに、サッカーくじといった、
  豊富な既存のギャンブルが存在します。

 

 

  しかし、他のカジノ国にはここまでのギャンブルはなかったので、
  カジノが出来た事により、
  ほぼ全てのギャンブラーがカジノに流れ込んだという形になりました。

 

 

  あとやはり、国柄と文化違いは大きいと思います。

 

 

  今はラスベガスを抜いて、
  マカオ(次にシンガポールが続く)が世界で一番のカジノ大国になりました。

 

 

  その一番の理由は、
  ギャンブル好きという中国人の国民性にあると思います。

 

 

  ただ日本人も、中国人に負けないくらいギャンブル好きな国民性ですので、
  日本にカジノがオープンすると、日本もマカオやシンガポールのような、
  カジノ国に近い道を歩む事になると思います。

 

 

  更に、たくさんのアジア圏からのカジノ客も見込める事から、
  日本でカジノがオープンするとかなりのカジノ収入が期待されます。
  (世界一になるだろうと、専門家は予測しています)

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ